TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/2/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/17のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/13)(PDF)

●デイリーレポート
先週のドル/円相場は、14、15日に行われた
イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言で
「利上げを過剰に長く待つことは賢明ではない」
との見解が示され、また
「財政政策の変更は金利見通しに影響する可能性もある」
と指摘したことを受け、トランプ政権の税制改革が
景気加速を促し場合、利上げペースは
速まる可能性があるとの見方が広がりました。

また、15日に発表された1月米消費者物価指数(CPI)と
1月米小売売上高が予想を上回ったことで、
ドルは一時114円96銭まで上昇しました。

しかし、節目の115円を抜け切ることができなかったことで
利食いのドル売りが強まり、また欧州の政治不安に対する
市場の警戒感の再燃もあって、週末には
112円台半ばまで押し戻される動きとなりました。

テクニカルで見ると、遅行スパンが
ローソク足の動きに引きずられ同調しています。
この動きが続くのであれば、今週も112円~115円水準での
方向感のない動きとなりそうです。
ただし、一気に上抜けると、逆行の動きとなり
急騰リスクがあることには注意が必要です。

また、RSIが切り上げってきていることから、
ドルの下値は底堅く推移するかもしれません。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes