TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/2/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/16のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/13)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、114円台を維持することが出来ず、
じりじりと軟化する動きとなりました。
東京時間、欧州時間ともに新たな材料のない中
ドルの上値の重さが嫌気される展開でした。

NY時間では、1月米住宅着工件数が市場予想を上回り、
また2月フィラデルフィア連銀景況指数が前月の23.6から43.3に
急上昇し市場予想の18.0程度を大幅に上回りました。
さらに失業保険申請件数も予想を下回っており、
これらの結果を受けて一時ドル買いが強まる局面もありましたが、
NY引けにかけてはドルの軟調な地合は続き113円09銭まで下落しました。

テクニカルで見ると、価格の下げが続いているものの、
RSIの下値は横ばいとなっており、いつ相場が反発してもおかしくない状況といえます。
ただし、ボリンジャーバンドは上下ともに右下がりとなっており、
ドルの上値の重さが意識されます。

トランプ米大統領が主張する大幅減税などの財政刺激策の
先行き不透明感が高まっており、最近発表された米経済指標は
比較的良好な結果であるものの、3月FOMCでの利上げを決定づける
ほどでもないことからドルが軟調な地合が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes