TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/7/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/7/20のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/18)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では日銀とECBの金融政策決定会合と
その後の各総裁の会見を控えて112円近辺での模様眺めの動きとなりました。

その後、日銀の黒田総裁は会見で、インフレ率2%の達成時期を
先送りし、追加緩和に含みを持たせる発言をしたことから
円売りの流れとなり、112円42銭まで上昇しました。

この上昇で、ボリンジャーバンドを上抜けていますが、
強いバンドウォークには繋がりませんでした。

NY時間に入ると、一部メディアでトランプ政権とロシアの関係を捜査している
ムラー特別検察官が捜査対象を拡大し、トランプ米大統領自身ならびに
関係者のビジネスに関わる様々な取引について調べていると
報道したことでドル売りが強まり、一時111円48銭まで下落しました。

この下落で、MACDは売り転換し、ボリンジャーバンド
下抜けましたが、111円半ば以下ではドルも底堅く、
NY引けにかけては112円台を回復する動きとなっています。

ロシアゲート疑惑が再びドルの圧迫要因となってきており、
本日も112円台ではドルの上値が重き動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes