TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/7/19のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/7/19のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/18)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、本日の欧州中央銀行(ECB)
理事会や日銀の金融政策決定会合を控える中で目先の
手掛かりに乏しく、112円付近での小動きが続きました。
東京から欧州時間にかけては、111円90銭から112円20銭水準での
方向感の無い動きとなり、取引高も低調なものとなりました。

NY時間に入ると、6月の米住宅着工件数が121.5万戸と
市場予想を大きく上回り、4カ月ぶりの高水準となったものの、
指標発表後の米債利回りは長期債中心に低下し、
これを受けて111円56銭までドルは軟化しました。
米中経済対話の開催に伴い、通貨安操作で日本も標的となる
可能性を懸念した円の買戻しも見られたとの指摘もあります。

この下落で、ボリンジャーバンドを下抜けたものの一過性の動きに終わっており、
またMACDも売り転換しましたがNY引けにかけては再び買い転換となって、
ドルの下押し圧力が続かなかったことが示されています。

本日の日銀金融政策決定会合では、金融政策は現状維持となる見込みです。
ただし、物価見通しが下方修正され、2%インフレ目標の達成時期見通しも
後ずれする可能性もあるため、黒田総裁の会見が注目されます。

また、ECB理事会後のドラギ総裁の会見では
金融政策正常化(資産購入プログラムの縮小)について
明確な説明が行われるかが焦点となるでしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes