TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/7/18のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/7/18のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/18)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京朝方は112円60銭水準でスタートしたものの
ドルの上値は重く、米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案への
反対増加報道などでドル売り基調となりじりじりと軟化、
112円を割り込む動きとなりました。

この下落で、ボリンジャーバンドの下抜けと
バンドウォークが発生していることが確認できます。

欧州時間に入ると、ドルの買戻しも出て112円30銭水準まで
値を戻しますが、欧州株安などもあり上値が重い状況が続きました。

NY時間に入ると、米共和党が医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃、
改革法案の成立が頓挫することで税制改革などトランプ政権の
経済政策の実行に懐疑的見方が広がったこと、また米6月輸入物価指数や
7月NAHB住宅市場指数が予想を下回ったことなどを受け、
年内の追加利上げ観測が後退し、ドル売りに拍車がかかり、
一時111円69銭まで下落する動きとなりました。

ただし、この下落で安値を更新したものの、
RSIは水準を切り上げておりダイバージェンスを示しており、
その後のドル反発を示唆する形となっていました。

NY引けにかけては、ドルのショートカバーが入り
112円台を回復する動きとなっています。

オバマケア代替法案可決は絶望的との見方が広がっており、
トランプ政権による財政支出拡大期待はほぼゼロで、
米景気の先行き期待も後退しています。
しかし、FRBの金融政策正常化の意欲は
強いままであり、一段のドル売りも難しいように思われ、
当面は111~113円で方向感の無い動きが予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes