TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/4/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/4/20のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/04/17)(PDF)

●デイリーレポート
昨日の外国為替市場は、東京から欧州時間にかけては108円後半での小動きが続きました。
東京時間に本邦輸入筋のドル買いに109円台を回復する局面もありましたが、
ドル買いの勢いは限定的で模様眺めムードの強い相場が続きました。

RSIも中立の50水準での横ばいとなり、
MACDもシグナルとの交錯を続けていることがわかります。

NY時間に入ると、黒田日銀総裁が一部米系メディアとのインタビューで
資産購入やマネタリーベース拡大ペースは当面現状を維持すると述べたことや
ムニューシン米財務長官が医療保険法案の有無にかかわらず
税制改革はやり遂げる意向を示したことなどを受け、
ドル買い・円売りが強まり、一時109円48銭まで上昇しました。

この動きで、ボリンジャーバンドを上抜け、軽いバンドウォークの形が見られています。

地政学リスクは意識されたままではあるものの、108円台での下攻めに
失敗した形となっており、本日東京時間ではドルが底堅い動きを続けそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes