TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/4/21のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/4/21のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/04/17)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。

先週末の外国為替市場は、終日模様眺めムードが強く、
109円前半を中心とした方向感のない動きが続きました。

欧州からNY時間にかけては、ドルはやや軟化し109円台を割り込む
局面もありましたが、トランプ米大統領が来週に税制改革案を公表し、
その中には法人や個人の大型減税も含まれるとのニュースが報じられると
反発し109円台を維持して週を越えています。

週明けの本日は、昨日に実施されたフランス大統領選の
第1回投票において、投票終了直後に発表された出口調査では、
中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党・国民戦線の
マリーヌ・ルペン党首が決選投票に進む見通しとなったことを受けて、
ユーロが跳ね上がり、ドル/円も窓を開けて110円台でのスタートとなっています。

テクニカルを見ると、ボリンジャーバンドが週明けにバンドを急拡大し、
バンドのはるか上でローソク足が作られていることが確認できます。
短期のタイムスパンにおいて、大きなイベントリスクへの反応が
テクニカル分析を無意味としている典型といえます。

本日は、朝方110円半ばまで上昇していますが、これはフランス大統領選に
対する過度な悲観の反動によるポジション調整と考えられます。
トランプ大統領の税制改革はドル買い要因といえますが、
発表が市場の期待を下回る可能性があるほか、仮に実際に大幅な
減税計画を発表したとしても、米議会が承認するかは不透明といえます。
また、北朝鮮リスクは燻ったままであり、安易にドルの上値を
買い進むにはリスクが大きいように思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes