TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/7/31のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/7/31のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/07/30)(PDF)

●デイリーレポート
7月31日のドル/円相場は、日銀金融政策決定会合の結果が出た東京午後までは
取引は手控えられ111円近辺での極め小さな動きが続きました。

金融政策会合の結果発表前後では、上下に大きく乱高下する動きとなりました。
結果発表直前、110円90銭付近を推移していたドルは、いったん111円31銭まで急上昇。

一転110円75銭まで売られた後、もう一度111円44銭まで上昇したものの、
111円ちょうど付近へ押し戻されるという荒れた値動きとなりました。

その後欧州時間に入ると、日銀の「金融緩和継続のための枠組み強化」として
政策を微調整するという説明から大規模緩和を当面維持する方針を再確認した
ことで方針転換を期待していた海外勢がドルの買い戻しの動きから徐々に上昇し、
NY時間では111円96銭の高値を付けました。

米中両国は貿易協議を今週中に再開する可能性があると報じられたことから、
貿易摩擦深刻化への警戒感が後退したこともドルの上昇要因との指摘もあります。

このドル上昇では、ボリンジャーバンドのバンドウォークが観察でき、
またMACDがシグナルとの間隔を広げながら急上昇しており、
相場に強い勢いがあったことが示唆されています。

本日も、海外の流れを引き継ぎドルは底堅い動きとなりそうですが、
週末には米雇用統計を控えており、積極的に上値を追う動きは難しいようにも思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes