TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/7/30のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/7/30のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/07/30)(PDF)

●デイリーレポート
7月30日のドル/円相場は、111円を挟んで方向感のない小動きが続きました。
本日の金融政策決定会合で日銀が金融政策の修正に動くとの観測が根強いため、
決定内容を見極めるまでは積極的な取引を見送る市場関係者が多く、
持ち高調整の取引が中心となりました。
値幅は、東京時間で30銭弱、NY時間では20銭程度にとどまっています。

テクニカルで見ても、ボリンジャーバンドはバンド幅を縮めるなか、
相場は上下のバンドにタッチすることもできずに動きており、
MACDを見てもゼロ水準でのシグナルとの交錯を続け、
ともに相場に方向感が出ていないことを示しています。

本日も日銀金融政策決定会合の結果と午後3時30分から予定されている
黒田総裁の記者会見の内容を確認するまでは動きのとれない相場は続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes