TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/8/1のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/8/1のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/07/30)(PDF)

●デイリーレポート
8月1日のドル/円相場は、東京から欧州序盤にかけてはドルが底堅い動きを続け、
一時112円15銭の高値を付けました。

ただし、高値を更新したものの、RSIは切り下がっており上値が詰まってきている
印象を受ける形となっています。

また、MACDを見ると欧州時間のドル上昇で買い転換しかけたものの騙しに
終わっており、その後のドル下落の可能性を示唆するものとなっています。

NY時間に入ると米国の7月ADP雇用統計が予想を上回ったことを好感してドルが
上がる局面があったものの、米政府が中国からの輸入品2000億ドル相当に対する
関税の税率を従来案の10%から25%に引き上げることを検討していると伝わったことから、
米中貿易戦争への懸念が再燃し、ドルは反落し一時111円39銭の安値を付けました。

その後、NY引けにかけては、ドルの買い戻しも出て111円70銭水準で引けています。

NY時間のドル下落では、ボリンジャーバンドを大きく下抜けたものの、
明確なバンドウォークにはつながっておらず、
ドル下落の勢いが限られたものであることが示唆されています。

本日は111円台で方向感のない動きが続きそうです。
昨日は米10年債利回りが3%を再び超えたこともあり、ドルの下値は堅いものの、
米中貿易摩擦への懸念がドルの上値を抑えています。

また、明日には米国の雇用統計を控えていることもあり、
様子見ムードが強まることも考えられます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes