TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/7/23のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/7/23のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/07/16)(PDF)

●デイリーレポート
7月23日のドル/円相場は、先週末のトランプ大統領による
ドル高けん制発言を受けて軟調なスタートとなりました。
朝方の111円半ばからじりじりと111円割れを試す動きとなり、
111円を割り込むと安値110円75銭まで下落しました。
一部報道で、日銀が長期金利目標やETF(上場投資信託)
など資産買い入れ手法の柔軟化など、金融緩和策の持続可能性を
高める方策を議論する検討に入ったと伝えられたことも
円高要因となったとの指摘もあります。

この流れで、先週末の引けにかけての
ボリンジャーバンドのバンドウォークが継続した形となりました。

ただし、110円台では本邦輸入企業を中心とした根強い買いもあり、
下押しも一服、その後はじりじりと値を戻す動きとなりました。

海外時間に入ると、10年物米国債利回りが一時6月中旬以来の
高水準となる2.96%まで上昇したことを受けてドルの買い戻しが強まり
111円54銭まで上昇し、東京時間の下押し分を戻す動きとなりました。

昨日は、ドル下押し後に値を戻しており、トランプ大統領の発言の影響は
一過性であったように見えますが、111円台ではまだ上値も重く、
ドル高基調が続いているかどうかは慎重に見極める必要がありそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes