TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/7/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/7/20のドル円相場の考察

先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/07/16)(PDF)

●デイリーレポート
先週末(7月20日)のドル/円相場は、
アジア時間は人民元安やアジア株安を受けて
リスク回避傾向が強まり112円前半で軟調な動きとなりました。
前日のトランプ大統領の発言での下押しから、
やや反発していたものの上値の主動きが続きました。

海外時間に入っても112円前半での小動きが続きましたが、
NY序盤にトランプ米大統領がドル高をけん制する発言を
ツイッターに投稿したことを受けドルは急落しました。
トランプ米大統領は、「中国、欧州連合(EU)や
ほかの国々は通貨を操作し、金利を抑えている」とドル高に異を唱え、
さらに米連邦準備理事会(FRB)の利上げ継続方針に対しても
「いま金融政策を引き締めると、我々がやってきたことを全て損なう」
と投稿しています。

この流れで、ボリンジャーバンドを下抜け、
バンドウォークを形成しながら111円38銭まで下落しました。

トランプ大統領のドル高をけん制する発言で
ドルは高値から2円程度反落しており、
ドル上昇基調が一服する可能性が強まっています。
ただし、直接的な為替操作や利上げ阻止は考えにくく、
市場の警戒感がどこまで高まるのかを見極める必要がありそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes