TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/6/5のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/6/5のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/06/04)(PDF)

●デイリーレポート
6月5日のドル/円相場は、109円後半での取引が続きました。
東京時間朝方に109円99銭まで上昇した後、仲値公示前に反落し、
その後は109円後半で売買が交錯しました。
東京午後には、短期筋の仕掛け的なドル買い・円売りで
一瞬110円台に乗せたものの、その後は伸び悩みました。

テクニカルで見ると、東京時間にMACDが売り転換しており、
海外時間に向けてのドル反落が予想される形となっていました。

欧州時間も109円後半の取引が続いたのち、NY時間に入ると
5月のISM非製造業景況感指数が4カ月ぶりに上昇し、市場予想を上回り、
4月の雇用動態調査(JOLTS)でも非農業部門の求人数が
2カ月連続で過去最高を更新したことでドル買いとなりましたが、
高値は109円90銭にとどまりました。
その後、貿易摩擦への懸念や株式相場の伸び悩みを受け
ドル買いは一服、109円47銭まで反落しました。

このドル下落時にボリンジャーバンドを下抜けましたが、
バンドの拡大は伴わずバンドウォークにはつながりませんでした。

昨日はドルが底堅く推移したものの、
110円の壁の厚みを感じさせる動きとなりました。
110円20銭水準には200日移動平均もあり
110円前半でのドル売り意欲は強いものがあります。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes