TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/6/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/6/6のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/06/04)(PDF)

●デイリーレポート
6月6日のドル/円相場は、東京時間は109円後半での動きが続きました。
今週末に主要7カ国(G7)首脳会議、来週に米朝首脳会談、米連邦公開市場委員会(FOMC)、
欧州中央銀行(ECB)理事会と多くのイベントを控え、様子見モードが支配的で、
東京7時から15時までの値幅はわずか20銭弱にとどまりました。

その後欧州時間に入ると、ECBのプラート専務理事が、14日の次回理事会で
「資産購入を徐々に減らしていくことが妥当か議論する」と述べたのを受け、
ECBが金融政策の正常化に向けて動き出すとの観測からユーロ買いが強まり、
ユーロ/円が上昇、これにつられてドル/円も上昇し、一時110円23銭の高値を付けました。

この上昇では、ボリンジャーバンドの上抜けと、軽いバンドウォークの形成が確認できます。

NY時間に入ると、序盤に発表された1~3月期の非農業部門の
米労働生産性指数の改定値が、前月発表の速報値から下方修正され、
市場予想も下回ったためドル売りが強まり、一時109円89銭まで下落しました。
しかし、その後は再びECBの金融政策正常化への思惑からのユーロ/円の買いが継続、
ドル/円も上昇に転じ、米国株の大幅上昇も支援材料となり、110円27銭の高値を付けています。

ドルは110円台を回復してきましたが、200日移動平均の水準で
止まっており、これを大きく上抜けるかが注目されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes