TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/5/21のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/5/21のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/05/21)(PDF)

●デイリーレポート
5月21日のドル/円相場は、週明け110円後半でスタートした後、
ドルは堅調な足取りで111円台を回復する動きとなりました。
米中両政府が19日に発表した通商協議の共同声明で、
中国が米国の製品やサービスの購入を「大幅に」増やすと合意したしたこと、
またムニューシン米財務長官が米中貿易戦争をいったん「保留する」と
述べたことなどがドル上昇の背景にあると指摘されます。

欧州時間に入ってもドルの底堅い動きは続き、
一 時111円40銭をつけて、1月18日以来4カ月ぶり高値を更新しました。
この上昇で、ボリンジャーバンドを上抜け、小さなバンドウィークが形成されています。

しかし、111円半ばからは利食い売りもあり、徐々に反落する展開で、
NY時間に入ると4月米シカゴ連銀全米活動指数が予想を下回り、
米国債利回りが伸び悩んだことから、ドルは111円台前半でもみ合う展開となりました。
RSIをみると、111円40銭の高値を付けた後は、一貫して下落基調となっており、
NY時間はドル売り圧力が強かったことが示唆されています。

米10年債利回りは3%台を維持しており、米国株式も大幅高で
ドル売りの要因がない中、ドルの上昇一服の動きとなっており、
利食い圧力が強かったことが示唆されます。
大きな押し目は期待しにくいものの、短期的には時間調整の
可能性を考えておく必要があるかもしれません。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes