TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/5/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/5/17のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/05/14)(PDF)

●デイリーレポート
5月17日のドル/円相場は、東京時間では110円前半での動きが続きました。
東京昼前には、一時110円07銭まで下落する局面もありましたが、その後持ち直しています。

欧州時間に入ると、ドル買いが強まり110円半ばを上抜ける動きとなりました。
この上昇で、短期的なバンドウィークが形成されています。
ただし、RSIが頭打ちとなっており、やや警戒すべき動きにも見えました。

NY時間に入ると、米失業保険継続受給者数が45年ぶりの低水準となり
労働市場のひっ迫が確認されたほか、5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数も
1年ぶり高水準となったことを受け、米長期金利が上昇しドルも一時110円86銭の高値を付けました。

ドルは上昇を続けているものの、その背景にある米長期金利の上昇は
現在の水準辺りでいったん落ち着くのではないかとの見方も出てきており、
また北朝鮮情勢への懸念も再燃してきていることから、
安易な上値追いには慎重になるべきとの指摘もあります。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes