TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/5/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/5/16のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/05/14)(PDF)

●デイリーレポート
5月16日のドル/円相場は、110円台前半での小動きとなりました。
東京時間に北朝鮮国営の朝鮮中央通信が、米政府が北朝鮮の
核プログラム放棄を一方的に主張し続けるならば、北朝鮮は
米国との首脳会談開催を再考するかもしれないと伝えましたが、
市場は目立った反応を示しませんでした。
また、朝方に発表された1-3月期実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.2 %、
年率マイナス0.6%と9四半期ぶりにマイナスとなったものの、
これも市場への影響はほとんどありませんでした。

海外時間でも110円前半での動きが続きました。
NY朝方に発表された4月の米住宅着工件数が予想を下回り、
ドル売りが優勢となっても下値は110円04銭までで110円台を維持し、
その後米10年債利回りが3.10%と6年10カ月ぶりの水準まで
上昇しても高値は110円40銭にとどまっています。

テクニカルで見ても、ボリンジャーバンドがバンド幅を縮め横ばいとなる中、
このバンドが上下の抵抗となっており、明確な方向性を見出しにくい形です。
日足で見ると200日移動平均を上抜けてきており、ドルの一段の上昇が期待されるところですが、
このまま111円台がイメージできるような力強さは見受けられません。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes