TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/3/21のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/3/21のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/03/19)(PDF)

●デイリーレポート
3月21日のドル/円相場は、東京市場が休場ということもあり、
東京時間から欧州時間にかけて様子見ムードの中、
ドルの頭の重い動きが続きました。
米連邦公開市場委員会(FOMC.※1)を控えて、様子見ながら
若干のポジション調整でドルが売られたと指摘されます。
また、一部米紙が中国は米国の関税政策に対し報復措置を
計画していると報道したこともドル売り材料となったようです。

注目のFOMCでは、FFレート(※2)の誘導目標は市場予想通り25bp引き上げられ
1.50~1.75%にすると発表され、その後のパウエルFRB議長の会見では、
金融状態は依然として緩和的であり、インフレは今後数カ月で強含むとし、
利上げは緩やかに続けられるとの見方を示しました。
FOMCの結果を受けて、ドルは一時106円64銭まで上昇しました。

しかしその後、ドットプロットは今年3回の利上げ見通しを維持しており、
インフレ見通しも今年については前回12月見通しと変わらずで、
今年4回の利上げ期待を後退させる内容であったことから
失望のドル売りが持ち込まれ106円割れまで下落する展開となりました。

年4回利上げの期待が後退したためドルの上値が重い状況が
続くものの、米景気の先行き期待は維持されており、
目先106円を中心としたレンジ相場が続くことが予想されます。

※1.FOMC(米国連邦公開市場委員会)とは
FOMCとは、FRB(米連邦準備理事会)が開く会合で、米国の金融政策を決定する。

※2.FFレートとは
FFレートとは、FRBが短期金融市場を操作する目的で調整する政策金利のこと。
金利の変更はFOMCで決定され、FRBは景気が減速した場合は
FFレートを下げて資金供給量を増やし、景気が過熱した場合は
FFレートを上げて資金供給量を抑制して需給調節を行う。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes