TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/3/19のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/3/19のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/03/19)(PDF)

●デイリーレポート
3月19日のドル/円相場は、東京時間朝方は106円台で始まったものの、
安倍政権の支持率の低下でアベノミクス減速懸念 による円高リスクが
高まってきたとの見方も強まり、じりじりと軟化し、105円68銭まで下落しました。
日経平均の下落も円高につながったとの指摘もあります。

その後欧州時間に入ると、ドルの買い戻しが優勢となり106円台を回復する展開となりました。
この上昇で、ボリンジャーバンドを上抜けしましたが、ヒゲだけの突破に
留まっており、強い上昇力は感じられない形となっています。

NY時間に入ると、米債利回りが米国株の下げを背景に
低下基調となり、それに伴いドルも105円78銭まで下落しました。
しかし、取引後半に入り、米国株が下げ止まり、米債利回りは反発すると
ドルも反転し106円台を回復、106円10銭水準でNYを引けています。

N Y時間の上下動では、MACDがゼロ水準で
シグナルと交錯しており、方向感がないことを示しています。
ドル/円は105円半ばから106円半ばの狭いレンジ内での動きが続いており、
22日未明の米FOMC(※1)結果発表までは膠着した動きが続きそうです。

※1.FOMC(米国連邦公開市場委員会)とは
FOMCとは、FRB(米連邦準備理事会)が開く会合で、米国の金融政策を決定する。
昨年12月の会合では利上げが行われ、今回の会合(22日未明発表)でも利上げが確実視されている。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes