TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/3/15のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/3/15のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/03/12)(PDF)

●デイリーレポート
3月15日のドル/円相場は、東京時間朝方から軟調な動きとなり106円を割り込み、
午後に日経平均がマイナス圏に沈むと105円79銭の安値を付けました。
全般に次の材料を待つ雰囲気となっているものの、
ドルの上値の重さが印象付けられる動きとなりました。

欧州からNY時間序盤までにかけても、同様の動きが続き
106円を挟んで方向感のない展開となっていました。
ただし、この間にMACDが買い転換しており、その後のドルの
ショートカバー(※1)を示唆する形となっていたことが確認できます。

その後、NY中盤に入り米債利回りが上昇に転じ、米国株も小幅ながら
プラス圏に浮上すると、ドルも底堅い動きとなり106円30銭水準を回復しました。
もっとも、ロシア疑惑を捜査するモラー米特別検察官がトランプ米大統領の投資会社、
トランプ・オーガニゼーションに文書を求める召喚状を送付したとの報道を受けて
ドル売りが優勢となる局面もあり、ドルの上値の重い状況は続いています。

※1.ショートカバーとは
売り(ショート)ポジションを決済すること。
値下がりを期待した空売りなどの売りの持ち高を取っていた金融資産を買い戻すこと。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes