TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/2/14のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/2/14のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/02/12)(PDF)

●デイリーレポート
2月14日のドル/円相場は、東京時間朝方は前日の大幅下げの反動もあり
ショートカバーが優勢で一時107円91銭まで値を戻しました。
しかし、108円水準からは既に上値が重く反落、日経平均のマイナス転換とともに
ドル売り・円買いが優勢となり、下値めどとみられていた昨年安値107円32銭を割り込むと、
ストップロスを巻き込みながら下落スピードが加速し、節目の107円も下回り、
午後1時過ぎにかけて106円84銭まで下落しました。

この下落で、ボリンジャーバンドを下抜けたものの、バンドウォークにはつながらず、
昨日とは違い下落に大きな力がないことが示唆されています。

欧州勢が参入してくると、ややドルの買い戻しが優勢となり107円台を回復、
その後NY時間に入ると、1月の米消費者物価指数(CPI)が前年比+2.1%、
コアCPIが同+1.8%と、いずれも市場予想を上回り、前月と同じ伸びとなったこと、
同時に発表された同月の米小売売上高が前月比0.3%減と市場予想に反し
マイナスとなったことなどを受け、米国債利回りが急上昇したことで
ドルも一段と上昇、一時107円54銭まで値を戻しました。
しかし、NY中盤以降はインフレや金利上昇が成長の脅威になるとの
懸念が浮上し、ドルは再度反落に転じ107円水準でNYを引けています。

マーケットが意識してきた下値めどを次々と下抜けてきており、
しばらくは下値を探る動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes