TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/1/25のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/1/25のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/01/22)(PDF)

●デイリーレポート
1月25日のドル/円相場は、東京時間は前日のドル急落の反動もあり、
国内勢の押し目買いや海外短期筋の利食いのドル買いが
先行する動きとなり、109円台半ばまで値を戻しました。
しかしそうした動きは午前で一巡し、午後に入ると再び上値の重さが目立ち始め 、
ドルは海外市場でつけた安値を再び割り込む動きとなりました。

欧州時間に入るとドルは下げ渋り、109円台を回復する局面もありましたが、
NY時間に入り取引中盤に発表された12月の米新築住宅販売件数が62.5万戸と
市場予想を下回り、前月分も下方修正されたことが伝わるとドル売り圧力が再開、
さらに米債利回りが低下基調で推移したこともあり、108円50銭の安値を付けました。

この下落局面では、ボリンジャーバンドの下抜けと
軽いバンドウォークが形成されていることがわかります。
ただし、価格は下値を更新し続けているものの、RSIは切り上げを
見せており、短期反発が期待される形となっていました。

NY終盤にトランプ米大統領は米系メディアとのインタビューで
最終的には強いドルを望んでいると発言し、さらに前日のムニューシン米財務長官の
発言については、誤解されて伝えられたと発言し、ドル高政策の継続を示唆しました。
この発言が伝わると、ドル円は一時109円70銭まで急反発する動きとなりました。

トランプ発言を受けてドルは109円台をしっかりと
回復してきており、ドル売りの動きも一服したように見えます。
ただし、まだ110円を回復するほどの勢いはなく、
ドルの底打ちの確認にはもうしばらく動きを見極める必要がありそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes