TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/1/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/1/26のドル円相場の考察

先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/01/22)(PDF)

●デイリーレポート
1月26日のドル/円相場は、東京時間は前日のトランプ大統領の
ドル高容認発言でドルが値を戻した流れを引き継ぎ
109円台で底堅い始まりとなりました。
しかし、買い一巡後は、じりじりと値を下げ
109円台前半での取引となりました。

欧州時間に入ると、ドルは下げ止まったものの、
上値が抑えられる動きで109円台前半での取引が続きました。

NY時間に入ると、日銀の黒田総裁がダボス会議にて日本は2%の
インフレ目標にようやく近い状況にあると述べたことが伝わり、
マーケットでは早期の緩和策解除への思惑が浮上し
円買いが加速、一時108円28銭の安値を付けました。
しかし、その後に日銀が声明を発表し、「黒田総裁はダボスで
インフレ見通しを修正したわけではない」と確認したため、
108円半ばまで値を戻してNYを引けています。

テクニカルで見ると、東京時間での戻しでボリンジャーバンド
上抜いた動きが騙しに終わっているものの、その後のバンド下抜けも
一過性の動きであり、短期的に市場が混乱していることが示唆されています。
ただし、1月9日から始まったドル下落は続いており、先週末もドルは
下値を切り下げていることから、ドル売り圧力は続いていると考えられ、
昨年の安値107円30銭水準が意識される動きとなりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes