TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/1/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/1/16のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/01/15)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間朝方からドルの買い戻しが優勢となりました。
大企業・製造業の想定為替レート110円前半水準に近づき、
本邦輸入勢がドル買いを持ち込んだとの指摘もあります。
ドルは朝方からほぼ一本調子で上昇し、
午後早い時間には一時110円98銭の高値を付けました。

この水準はボリンジャーバンドのアッパーバンドがあり、
タッチしたものの上値抵抗となってしまい、
バンドウォークにはつながりませんでした。

欧州時間に入ると、111円を抜けられなかったことが重しとなり、
ややドルが重い流れで110円後半でのこう着した動きとなりました。
MACDとシグナルがゼロ水準で交錯しており、
方向感がないことが示唆されています。

NY時間に入ると、序盤ではNYダウが26000ドルを突破し、
史上最高値をつけたことなどからドルが底堅く動いたものの、
その後に株式相場が反落に転じマイナス圏に落ち込むと
ドルも軟調な動きとなり、110円25銭まで下落しました。

その後、ドルはやや値を戻し110円半ばでNYを引けていますが、
ドル/円は6日連続で下値を切り下がる形での陰線となっており、
ダウンサイドリスクが高まった状況が続いているといえます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes