TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/1/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/1/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/01/08)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間朝方はドルが底堅く始まったものの、
日銀が国債買い入れオペで超長期ゾーンを減額したことで円金利が
一時上昇し、円が買われ一時112円半ばまで下落する動きとなりました。

この下落でボリンジャーバンドを下抜け小さなバンドウォークが
発生したものの、ドルの下値も堅く短時間での反発となっています。

東京時間午後はドルの買い戻し圧力が強く、
欧州参入時には113円に迫る動きとなりました。
しかし、113円はすでに重く、その後はじりじりと反落し、
NY時間に入ると11月の米求人件数が588万件と
市場予想を下回り、6カ月ぶりの低水準となったことを受け、
ドルは112円36銭の安値を付けました。

この下落では、価格は東京時間の安値を下回りましたが、
RSIは安値を更新できずダイバージェンスを形成、
その後の反発の可能性を示唆していることがわかります。

NY時間引けにかけては、米10年債利回りが2.54%と
昨年3月以来の高水準に上昇したことを受け、
ドルも買い戻され112円台半ばまで値を戻して引けています。

昨日は、日銀の政策変更観測が円買いを促し、
これは今後も燻るものと思われるものの、
米債利回りの上昇がドルをサポートしており、
明確な方向性を見いだせない状況が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes