TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/1/10のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/1/10のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/01/08)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間朝方は前日から続く円売りポジションの
巻き戻しが優勢で112円前半までドルが軟化する動きとなりました。
この流れで、ボリンジャーバンドを下抜けたものの、
バンドウォークにはつながらず、112円水準はサポートとなっていました。

しかし、欧州時間に入ると一部米系メディアが、中国当局者の話として、
米国債の購入を減らすか停止することを勧告したと報道し、これを受けて
ドルは全面安となり、ドル/円も112円を割り込む動きとなりました。
この流れで再びボリンジャーバンドの下抜けが発生し、
この局面ではバンドウォークにつながり、111円29銭の安値を付けています。

ただし、米財務省が実施した10年債入札が好調だったことや
米国株が小幅安にとどまったことなどもあり、
ドル売りは限定され111円を維持してNYを引けています。

米10年債利回りは一時2.59%台半ばまで上昇していることが
ドルのサポートとなっているものの、昨年12月に2度下抜けを試して跳ね返された
112円水準をブレイクしてしまったことで、やや下落リスクが意識されてきており、
昨年11月の安値110円85銭水準が視野に入ってきています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes