TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/12/15のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/12/15のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/12/11)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場は、東京から欧州の時間までは
112円台前半で小動きが続きました。
112円水準は底堅いものの、積極的に買い上がる
材料もなく動きにくい相場となっていました。

NY時間に入ると、米税制改革案に関し、先に難色を示していた
共和党のルビオ米フロリダ州上院議員や上院案に反対した
コーカー上院議員がそろって支持を表明したことで、
年内可決が視野に入ったことを好感しドル買いとなり、
112円74銭の高値を付けました。

共和党が示した税制改革案では、法人税率は2018年から
現行の35%から21%に引き下げのほか、2025年までの時限措置として、
個人所得税率の引き下げや基礎控除引き上げが追加されています。

米税制改革法案の年内可決が視野に入ったことで、
15日NY市場ではドルが上昇したものの、113円に達することは
できず相場に大きなインパクトは与えませんでした。
FOMC、ECB、BOEなどのイベントも通過し、
今週は、欧米勢がクリスマス休暇入りとなるため、
模様眺め姿勢が強まると予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes