TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/12/18のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/12/18のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/12/18)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、112円台での小動きが続きました。
実需のフローも個人投資家のフローも乏しく
動意に欠ける相場が続いています。
年末にかけて各国で相次ぐ重要な政治イベントに対する
警戒感があることも取引手控えの要因との指摘もあります。
米国では近実に税制改革法案の下院採決が行われるほか、
22日には月初に承認されたつなぎ予算が再び期限を迎えます。
また、中国では週央にかけて中央経済工作会議が行われ、
21日のスペイン・カタルーニャ自治州の州議会選挙では
同州の独立問題がヤマ場を迎えることになります。

ドル/円に関しては、米税制改革法案成立を織り込むドル買いでも
113円を回復することができず上値の重さが意識されるものの、
日米の景況感格差、金融政策格差を考えると円を買うことも
難しく、動きが取れない状況となっています。

テクニカルで見ても、ボリンジャーバンドの突き抜けが起きても
バンドウォークにはつながらず、トレンドが発生しにくい動きを示しています。

このままクリスマス休暇入りしてしまう可能性が高いようですが、
薄いマーケットのなか突発的な波乱が起きることには注意しておくことが必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes