TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/12/14のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/12/14のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/12/11)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京から欧州時間にかけて
112円半ばから後半で方向感のない動きが続きました。
FOMCという年内の重大イベントを終えたことで、
マーケットは動く材料にかけボラティリティーも大きく低下しました。

NY時間序盤では、米新規失業保険申請件数が
22.5万件と市場予想を下回り、8週ぶりの低水準となり、
同時に発表された11月の米小売売上高も前月比0.8%増と
市場予想を上回りましたが、市場への影響は限定的でした。
NY終盤になると、共和党のルビオ米フロリダ州上院議員が
現状での案に反対を表明したことが伝わり、税制改革法案の
年内成立に懐疑的見方が浮上し、リスク回避のドル売りが
優勢となって、112円07銭まで下落する動きとなりました。

この下落で、ボリンジャーバンドを下抜け、
軽いバンドウォークが発生しています。
ただし、112円水準は買い圧力も強く、
112円30銭水準まで値を戻してNYを引けています。

米FOMCを通過し、欧米勢はクリスマス休暇入りが
意識され、動意は徐々に薄くなるものと思われます。
本日東京市場も112円台前半で模様眺めの
姿勢が強まると予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes