TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/11/30のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/11/30のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/11/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では
112円ちょうど近辺で模様眺めの動きが続きました。
米国の税制改革法案の行方など海外要因に注目が
集まっており、東京時間では動きにくくなっていました。

MACDを見ても、シグナルと交錯が続き方向感を
つかめない形となっていることがわかります。

欧州時間に入ると、ドル買いが優勢となり、
112円台半ばまで上昇する動きとなりました。
しかし、ボリンジャーバンドを上抜ける局面もありましたが、
バンドの拡大は伴わず強い上昇力がないことが示唆されています。

NY時間に入ると、一部メディアが「トランプ政権はティラーソン
国務長官を更迭し、後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官を
指名する人事を検討」と報じたことを受けて、ドル売りとなり、
111円74銭まで押し戻される動きとなりました。
しかし、その後に米共和党上院の税制改革案への懸念を
示していたマケイン議員が案を支持する方針との報道を受け、
税制改革の年内成立期待が急激に高まりドルの買い戻しが優勢となり
112円台を回復、112円50銭水準でNYを引けています。

昨日は、米税制法案成立への期待からドルが値を戻しましたが、
米国債利回りが上昇したわりにドルの戻りが鈍い印象もあります。
11月のドル下落幅の半値戻し水準まで値を戻してきていることもあり、
112円台後半から113円台前半ではドルの上値が重くなってくることが予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes