TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/11/28のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/11/28のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/11/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京朝方は111円割れがあったものの、
下げの勢いは強まらず、その後は111円台で底堅い動きとなりました。
ただし、上昇の力も弱く、午後に日経平均が前日比マイナス
となると、ドルの上値も抑えられる展開でした。

ただし、MACDは東京朝方に買い転換しており、
その後のドルの底堅い動きをサポートする形となっています。

欧州時間からNY序盤にかけては111円台半ばでの
方向感のない動きが続きましたが、NY中盤にポジション調整の
ドル売りで111円06銭まで下押しする動きとなりました。
ただし、その後は米上院予算委員会で税制改革法案が承認されたことで
上院での税制改革成立への期待が強まったことや12月利上げの公算が
大きいことを示唆する米連邦準備理事会(FRB)次期議長候補のパウエル
理事の発言を受けて、ドルは値を戻し111円64銭の高値を付けました。
北朝鮮が9月15日の中距離弾道ミサイルの発射以来、
約2カ月半ぶりに弾道ミサイルを発射したと伝わったことで
円買いの動きも出ましたが、影響は限定的で111円半ばでNYを引けています。

ただし、本日の東京時間では、
北朝鮮情勢への警戒感が上値を抑える要因となりそうで、
200日移動平均のある111円70銭水準が上値抵抗として意識されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes