TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/11/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/11/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/11/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、週明けの東京時間では軟調な
日本株をにらみながらドルの上値の重い動きが続きました。
東京朝方は、本邦実需筋のドル買いから111円台半ばでスタートしたものの、
株式下落とともに上値は重くなり111円台前半での動きに終始しました。

欧州時間に入ると、一段とドル売り圧力が強まり、
さらに一部メディアで、「北朝鮮が弾道ミサイル発射準備を
していることをうかがわせる情報があり、日本政府が警戒を強めている」と
報じられたことから、地政学的リスクの上昇を警戒した円買いが優勢となり、
先週の安値を下回り、一時110円84銭まで下落しました。

この下落で、ボリンジャーバンドの下抜けとバンドウォークが形成されています。
もっとも、MACDを見ると、東京午前には売り転換しており、
この欧州時間のドル下落を示唆していたことが確認できます。

その後、NY時間終盤にトランプ大統領が税制改革で超党派の
支持を得られる可能性が高いと発言したため期待感が再燃し、
ドルは下げ止まって111円台で引けています。

トランプ大統領の発言通りに米上院での税制改革議論は
進んでいるようですが、年内可決は依然として不透明なままであり、
仮に上院で成立したとしても、下院と法案内容が異なるため、
上下院で法案内容を統一する作業が必要なため、早期実施への期待は
盛り上がりにくく、ドルの支援材料にはなりにくいと指摘されます。

昨日は、下値抵抗として意識されていた111円台を下抜けましたが、
終値ベースではまだ維持しており、本日もこの水準の攻防が注目されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes