TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/11/10のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/11/10のドル円相場の考察

先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/11/6)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場は、113円台前半で方向感のない取引が続きました。
東京時間では、米上院共和党が9日に発表した税制改革法案に
法人税減税の実施時期の1年先送りが盛り込まれたことや、
財源問題が残っていることなどを背景とした先行き不透明感が上値を抑えたものの、
積極的に113円割れを試す材料もなく狭いレンジでの取引となりました。

欧州時間に入って、一時113円半ばを抜ける局面があったものの、
ボリンジャーバンドにタッチすることもできず一過性の動きに終わっています。

NY時間に入っても113円台前半での動きは続き、
11月米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値の悪化を嫌気したドル売りがでても
下値は113円22銭までとなり、113円半ばを回復してNYを引けています。

米税制改革案に対する期待が後退したことが
ドルの重石となりましたが、米国経済は堅調な足取りを続け
米利上げ継続の予想に変化がなく、ドルを売り込む材料もありません。
再び114円台を回復することができれば115円超えを試す
ムードが強まるため、今週の上値の攻防に期待したいところです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes