TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/10/10のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/10/10のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/10/10)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間から欧州時間始まりまでは、
112円半ばで方向感のない膠着した動きが続きました。
朝鮮労働党創立72周年記念日で北朝鮮が新たな挑発行為に
踏み切る可能性への警戒が強く、積極的な取引は見られませんでした。

欧州時間中盤に入ると、米債利回りが低下し、ドイツ株も
下げ幅を広げ、ドルはじりじりと軟化する動きとなりました。

MACDは売り転換し、ボリンジャーバンドの下抜けと
バンドウォークを形成しながら112円台前半に下落しました。

NY時間に入ってもドルは軟調な動きが継続、
主だった経済指標の発表がなく材料難のなか、
トランプ米大統領とコーカー共和党上院議員との対立が
税制改革実施の障害となるとの懸念もあり、
一時111円99銭の安値をつけました。

その後、スペイン・カタルーニャ州政府が、
独立に向けて穏健な姿勢を提示したことも好感し、
112円半ばまで値を戻してNYを引けています。

NYの引けにかけては、MACDも買い転換しており、
本日も112円台で方向感がないながらも、ドルの底堅い動きは続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes