TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/9/25のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/9/25のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/09/11)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京朝方は112円台で始まり、
米国の税制改革への期待からドル高基調継続との見方が強く、
一時112円53銭の高値をつけました。

この上昇でボリンジャーバンドを上抜けましたが、バンドウォークには
繋がらず、上昇の勢いも強くないことが示唆されていました。

その後海外時間では新規材料難で112円台前半を
中心とした方向感の無い動きが続きました。

ただし、MACDは欧州参入時には売り転換しており、
その後のドル下落の可能性を示していたことが確認できます。

NY時間の中盤に入り、北朝鮮の李外相が「国連での
米トランプ大統領の発言は米国が北朝鮮に宣戦布告したことに相当し、
北朝鮮には自衛措置を取る権利がある」と発言したことが伝わると、
北朝鮮リスクを意識したドル売りが加速し、111円48銭まで下落しました。

もっとも、北朝鮮外相発言はこれまでの挑発発言の一環であり、
更なる米朝間緊張の緊迫化にはつながらないとの見方も強く、
111円70銭水準まで値を戻してNYを引けています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes