TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/9/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/9/20のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/09/11)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京から欧州時間にかけては、
米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な取引は
手控えられるなか、ややポジション調整的なドル売りが先行し、
111円台前半での動きとなりました。

注目のFOMCでは、市場予想通りFFレートの誘導目標は1.00~1.25%で
現状維持と保有証券の縮小を10月に開始することを決めました。
また、FOMCメンバーによる金利見通し(ドットプロット)では、
年内後1回以上の利上げ支持が12名と6月時点と変わらず、
12月で乗り上げ観測が強まる内容となりました。
FOMC後のイエレン議長の会見では、経済や市場の動向にかかわらず、
計画通りに資産圧縮を進めていきたい意向を示し、今後、金融緩和が
必要になった際には原則として利下げを優先すると発言しました。

FOMCの結果もイエレン議長の会見も市場にサプライズを
与える内容ではなかったものの、ドットプロットにて年内の
追加利上げが示唆されたことがドル買いにつながり、
ドルは急上昇し、一時112円53銭の高値をつけました。

テクニカルで見ると、一目均衡表の先行スパンの雲を
クリアーに上抜け三役好転となったことや200日移動平均を
上回ってきたことなど、ドルの強さを示していますが、
先週からの上昇は8日で5円以上の急激なものとなっており、
短期的な調整の可能性には注意が必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes