TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/8/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/8/17のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/08/14)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は前日の海外時間での
ドル下落の流れを受けて、ドルは軟調な動きで始まりました。
朝方からドル売り圧力が強く、バンドウォークを形成しながら
109円67銭まで下落しています。

ただし、109円半ばでは本邦実需のドル買いも見られ反発し、
欧州時間に入るとユーロ売り・ドル買いの流れにつられた、
円売り・ドル買いの動きに110円台を回復する展開となりました。
ユーロは、ECB理事会議事要旨でユーロの過度の上昇に
対する懸念が示されたことで下落し、ユーロ/ドルは一時
1.16ドル台後半と7月27日以来の安値を記録しました。

NY時間に入ると、良好な米国の雇用や製造業関連指標を
好感して一時ドル買いが強まる局面もあったものの、その後、
国家経済会議(NEC)のコーン委員長が辞任するとの噂や
スペイン東部バルセロナの繁華街でのテロ発生によりリスク回避の
動きが強まり、ドル売り・円買いが進行し109円45銭の安値をつけました。

この下落でボリンジャーバンドを再度下抜けたものの、
アッパーバンドは明確な上昇を示しておらず、この水準から
バンドウォークを伴った強い下押しが進むとは考えにくい形状です。

リスク・オフのムードが残りドルの上値は重いと思われるものの、
再度108円へ下押し勢いがあるのかを見極めたいところです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes