TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/8/2のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/8/2のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/31)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では110円台半ばで始まり、
日経平均株価が堅調な推移となったことで、
ゆっくりと110円台後半へと上昇しました。
この上昇で、ボリンジャーバンドを上抜けたものの、
ロアーバンドは明確な下落とはならず、はっきりとしたバンドウォークとは
言い難い形状でドル上昇力に強さを感じるものとはなりませんでした。

欧州時間では110円台後半での小動きが続きました。
NY時間に入ると米ADP雇用報告が発表され、市場予想を
下回るものであったものの、雇用の底堅さが確認されたと
見た向きがドル買い・円売りを出し、一時110円98銭まで上昇しました。
しかし、111円台に乗せることが出来なかったことや
ブラード米セントルイス地区連銀総裁が、利上げをさらに行えば
FRBが掲げる2%のインフレ目標達成を阻害する恐れがあるとして、
追加利上げに反対する姿勢を示したことが伝わったことなどを受け
ドル安圧力が強まり、110円29銭まで急落しました。

その後はNY引けにかけてドルのショートカバーで
110円70銭水準まで値を戻して引けています。

NY時間のドル急落でMACDが売り転換しましたが、
引けにかけてのショートカバーで再買い転換の兆しがあり、
明確な方向性を感じるものとはいえない状況です。

明日には米雇用統計を控えていることもあり、
本日も110円台での方向感の無い動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes