TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/8/1のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/8/1のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/31)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京朝方は110円台前半で
小動きながらドルの上値の重い動きとなりました。
瞬間110円を割り込む局面があったものの、
一段のフォローはなく110円台を回復しました。

このドル下落局面でボリンジャーバンドを下抜けましたが、
バンドウォークは発生せず一過性の動きであることを示唆しています。

欧州時間に入ると、ドルの買戻しが優勢となり、
英ポンド/円の買いにつられたドル/円の買いも出て
110円半ばを回復しました。

この上昇を前に、MACDが買い転換しており、
欧州時間のドル買いを支持する形となっています。

しかし、NY時間に入ると米国の7月ISM製造業景況指数、
6月建設支出が予想を下回ったことや7月の米自動車販売が予想以上に
減少したこと、さらに原油先物の反落などを嫌気したドル売りが強まり、
ドル/円は再び110円を割り込み109円93銭の安値をつけました。

もっとも、110円割れでのドルの底堅さも継続しており、
110円40銭近辺まで値を戻してNYを引けています。

昨日110円割れを二度試したもののドルの底堅さを確認した
形となっており、短期的にはドルの反発が期待されます。
ただし、ドルの上値を買い進む材料もなく、
110円台での取引が継続されそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes