TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/7/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/7/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/25)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、前日のFOMC後にドルが売られた
流れを引き継ぎ、軟調な動きで始まりました。
東京昼すぎには、一時110円78銭の安値をつける局面もありました。

前日からのボリンジャーバンドの下方向への
バンドウォークが継続した動きに見えます。

その後の欧州時間ではドルは反発し、じり高の展開となりました。
欧州参入後にMACDが買い転換しており、
その後のドルの戻りを支持する形となっています。

NY時間に入ると、6月の米耐久財受注が
前月比6.5%増と市場予想を大きく上回ったこともあり、
ドル上昇の流れは継続し、111円71銭の高値をつけました。
その後、ムニューシン米財務長官が下院金融政策委員会の公聴会で、
為替操作国への対応で、相殺する介入も手段の一つとなる
可能性を示唆したため、ドル売り・円買いが加速し、
ドル/円は111円を割れる動きとなりました。
ただし、110円台ではドルの押し目買いも見られ、
111円30銭水準まで回復してNYを引けています。

ドル/円は111円を中心とした方向感の無い動きが続いており、
本日は週末ということもあり同様の展開が予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes