TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/7/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/7/26のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/07/25)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は朝方112円台を回復した局面も
あったものの、おおむね111円台後半での小動きが続きました。
材料難の中、NY時間の米連邦公開市場委員会(FOMC)を待つ
ムードが強く、積極的な売買は見られませんでした。

欧州時間でも同様に111円台後半での動きが続きましたが、
NY朝方はFOMCで9月からのバランスシート正常化開始を示唆するとの
期待が強まり、ドルは上昇し112円台を回復する動きとなりました。

この上昇でボリンジャーバンドを上抜いたものの、
バンドエクスパンションが見られずバンドウォークには繋がりませんでした。

注目のFOMCでは、金利を据え置くとともに、会合後に公表した声明で
バランスシートの縮小に「比較的早期に」着手する考えを示しました。
金利据え置きは予想通りですが、バランスシート縮小の開始時期に
関する言い回しは前回FOMC声明の「年内」から手直しされ、これを市場は
予想よりもハト派的な内容だったと評価してドル売りに反応しました。
このドル下落で、一気に111円06銭まで下落し、ほぼ安値圏でNYを引けています。

FOMC後ドルは下落したものの、FOMCの声明はFRBは金融政策の
正常化に強い意欲を持っていることが感じられる内容だったという
指摘もあり、下値も限られたものとなると思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes