TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/5/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/5/17のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/05/15)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、113円台から110円台へと急落の展開となりました。
東京朝方の113円を割り込むと、じりじりと112円台半ばまで下押しました。
ただし、その後欧州時間午前までは112円台半ばで方向感のない小動きが続きました。

NY時間に入ると、ロシアの米大統領選関与疑惑を巡りトランプ大統領に対する
弾劾裁判の可能性が持ち上がったことなどを受けて、ドルが全面安となり、
特に対円ではリスク回避の思惑で112円半ばから111円割れの急落となりました。

トランプ米大統領がロシアに機密情報を漏えいとの報道に続いて、
大統領が解任したコミ―前連邦捜査局(FBI)長官の在任中に、
フリン前大統領補佐官とロシアの関係を巡る捜査を打ち切るよう
要請し捜査を妨害しようとしたとの疑いが浮上しており、
大統領罷免などの可能性まで取り沙汰され始めています。

NY時間は一貫してドル下落基調が続きましたが、RSIを見ると低位に張り付いており、
短期的には売られ過ぎ水準といえるため、目先の反発の可能性が考えられます。
もっとも、トランプ政権の先行き懸念を一気に払しょくするようなニュースが
報じられると期待することは難しく、ドルの戻りも限られたものとなりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes