TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/5/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/5/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/05/08)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では113円前半で模様眺めの動きが続きました。
積極的にドルを売る材料がないものの、米国の6月利上げも織り込み済みであり
ドルを買い上げる材料にも乏しいとの指摘もありました。

欧州時間になると、ドルは上昇基調となり、
NY時間ではライアン米下院議長が一部米系メディアのインタビューで
税制改革についてトランプ米大統領と見解が一致したと発言したことを
受けてドル買いが進み、一時114円33銭まで上昇しました。

この上昇では、相場はボリンジャーバンドのアッパーバンドに
絡んで動いたものの、バンドの拡大は見られなかったことから、
急激な上昇圧力ではなかったものと判断されます。

NY時間終盤に北朝鮮の大使が英政府に対し
6回目の核実験を北朝鮮政府が準備するだろうと述べたとの
報道が伝わると、ドルは反落し113円70銭水準まで下押しました。

この下落でMACDは売り転換し、RSIは急速に低下しており、
調整局面入りしたことを示唆しています。
この調整でどこまで下押しするのかを見極めたいところです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes