TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/5/8のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/5/8のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/05/08)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京朝方はフランス大統領選で
マクロン氏が当選したことを受けドルが堅調な動きでスタートしました。
しかし、113円台では利食いのドル売りも持ち込まれ、
その後は112円台後半での小動きが続きました。

欧州時間に入ると、特に材料のないなかドルは軟化し、
112円40銭の安値をつけました。

その後、ドルは切り返し徐々に値を上げ、
NY時間に入るとセントルイス連銀のブラード総裁が講演で
「現在の政策金利の設定は適切であり、政策金利は低い状態にある」と発言したことや
クリーブランド連銀のメスター総裁が年内のバランスシート縮小に言及したことなどを受け
ドル買いに拍車がかかり、113円30銭まで一本調子でのドル上昇となりました。

テクニカルで見ると、NY時間スタート時にすでにMACD
買い転換しており、その後のドル上昇を示唆していることがわかります。

また、NY時間の上昇ではボリンジャーバンドを上抜け
バンドウォークの発生が確認できます。

ただし、RSIが90を越えてきており、短期的には買われすぎにあることを
示しており、調整のリスクは意識しておきたいところです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes