TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/3/13のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/13のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/3/13)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、先週末の米雇用統計後に利食いのドル売りに
押されて下落した流れを引き継ぎ上値の重い動きでスタートしました。
10日にロス米商務長官が、日本との二国間の通商協定は「非常に優先度が高い」
としたことも、ドル買いを手控えさせた要因との指摘もあります。

欧州時間でも、ドルは軟調で114円半ばまで押し戻される動きとなりましたが、
米FOMCでの利上げ観測も強く下値も限られたものとなり、
欧州午後からNY時間にかけてはドルが反発する展開となり、
NY午後には115円近辺まで値を戻しました。

昨日一日を通して見ると114円半ばから115円でのレンジ相場で
方向感のない動きが続いていると言えるでしょう。

テクニカルで見ても、相場はボリンジャーバンドの幅の中での推移となっており、
MACDもゼロ水準に近いところで横ばいの動きとなっていることから、
相場が明確な方向感を持っていないことが示唆されています。

オランダ総選挙やFOMC、トランプ政権による予算教書の議会提出などを控え、
市場は模様眺めムードが強まっており、本日東京市場でも昨日動揺の
114円後半を中心としたレンジ相場が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes