TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/3/7のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/7のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/3/6)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、114円を挟んだ狭いレンジで
方向感のない取引が続きました。
来週の米FOMCで利上げ期待が強くなっているため
ドルの底堅い状況は続いているものの、上値を買い進む
新たな材料もなく、積極的な売買は、しにくいとの声が聞かれます。
また、週末には米雇用統計の発表を控えていることも
模様眺めムードを強める要因となっています。

昨日は、ロス米商務長官が数か月内に好ましくない
貿易合意を再交渉するとの声明を公表し、米貿易赤字の削減に改めて
強い意欲を示したものの、為替についてはドルが強すぎるのではなく、
他通貨が弱いと発言し、ドル高を強く問題視していない姿勢を示しました。

テクニカルで見ると、昨日はボリンジャーバンドが縮小を続け、
RSIが50近辺での小動き、MACDもゼロ水準で交錯と、
どれを見ても明確な方向性を感じられないものとなっています。
強いて言えば、上記どのテクニカルもややドル買い優勢と見られるため、
本日も113円台では底堅い動きが期待されるものの、
模様眺めムードは続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes