TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/3/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/6のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/3/6)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、アジアから欧州時間にかけては、
113円台後半で方向感のない動きが続きました。
東京時間は、ドルの上値の重さが意識されたものの、
欧州時間に入ってからはRSIが底打ち反転を始め、
MACDも買い転換したことから113円台半ばを
売り込んでいく勢いがないことが確認されました。

NY時間に入り、米1月製造業受注指数が市場予想を上回ったことから、
リスク選好的なドル買いが優勢となり、一時114円台を回復する局面もありましたが、
114円台を維持することが出来ずドルの頭が重い状況が続いています。

トランプ大統領が主張する大型減税やインフラ投資の実現性に
疑問を呈する声も強まりつつあり、財政支出増による米景気の加速期待も
やや後退しており、ドルが上値を追う動きにはなりにくいムードとなっています。
しかし、FRBによる3月利上げは確実視されてきており、
ドルの下値を支える要因となっています。

ドル/円は方向感に欠ける動きが続きやすく、
本日も114円を挟んで動きにくい展開が続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes