TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/3/1のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/1のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、午前11時から始まったトランプ米大統領の
議会演説でインフラ投資について具体的なものが出なかったとの
不満から一時112円77銭まで下押しする局面もありましたが、
その後は海外での反応を見たいという動きが強まり
ドルは買い戻される展開となりました。

海外市場では、選挙中からの公約実施を再確認したとの評価が
優勢で期待感が再燃し、ドルは底堅い動きを続け、NY時間に入ると
2月米ISM製造業景況指数が2014年8月来で最高となったことや、
米地区連銀経済報告(ベージュブック)でも経済や雇用の拡大継続が
確認されたことで、3月利上げ観測を受けたドル買いで
一時114円05銭まで上昇しました。

もっとも、海外市場での上昇では、ボリンジャーバンドのアッパーバンドに
タッチできず、また価格の上昇にもかかわらずRSIは横ばいとなっており、
ドルの一段の上昇には疑問が残る形となっています。
また、その後にMACDも売り転換しており、
114円台以上ではドルの重さを感じさせる形状といえそうです。

3月FOMCでの利上げ期待が強まっているものの、
高値警戒感も強く上値追いの勢いも感じられないことから、
本日も113円台を中心とした方向感のない動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes