TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/2/28のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/2/28のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、アジアから欧州時間にかけてはドルが軟調な動きが続きました。
トランプ米大統領の議会演説を控えて積極的な売買が手控えられるなか、
ポジション調整のドル売りに押される形となっています。

MACDは東京時間昼には売り転換しており、その後のドル下落を示唆しており、
NY時間ではボリンジャーバンドの下抜けとなりました。
ただし、ボリンジャーバンドの下抜けも一過性の動きであり、
111円台でのドル売りにも勢いはないことが確認できます。

NY時間後後に入ると、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が
「3月のFOMCで利上げを真剣に協議することになる」と指摘したと伝わると、
112円台を回復する動きとなり、NY引けにかけては、ダドリーNY連銀総裁が
「利上げの主張はより説得力のあるもの。比較的近い将来の公算が大きい」
との見通しを示すと、3月利上げ観測が一段と強まり
ドル買いが急速に広がり、112円90銭までドルは反発しました。

このドル上昇でMACDは買い転換しましたが、上値がボリンジャーバンドに達することかなく、
バンド幅の中で上下していることが確認されたことで、111円半ばから113円水準で
方向感のない動きが続いていることが確認された形となっています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes