TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/3/2のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/3/2のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/2/27)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、一貫して緩やかにドルが上昇する流れが続きました。
NY時間では、米週次新規失業保険申請件数はほぼ44年ぶりの
低水準となったことを受けて、3月利上げを織り込むドル買いが
一段と強まり、一時114円59銭まで上昇しました。

テクニカルで見ても、ドルの反転の兆しが見えてきています。
先行スパンの雲が来週に交差しますが、今週のドル上昇によって
雲の上抜けの可能性が見えてきています。

また、遅行スパンも現状水準を維持できれば、
来週にも買い転換する可能性が高くなっています。
もっとも、遅行スパンがローソク足に順行する動きが続く場合は、
来週以降はドル安の力が強くなることには注意が必要でしょう。

ローソク足のパターン的には、逆ヘッドアンドショルダーの
形成が期待される形となっています。
105円水準を上抜けることが出来れば、逆ヘッドアンドショルダーが
完成され、一段の上昇余地が開けてくるでしょう。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXブロードネット
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes